96169

もうなんかいろいろやりたい、とは思っている。というテイ。

スポンサーサイト

2011.07.06 Wednesday
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    - | - | - | - | - |

    幸せの法則を探る〜ため息と舌打ちのあいだ〜

    2011.05.27 Friday 16:18
    0
      いや、だから「えろいことをしてるいうちゅうぶ」で検索すんなっつったじゃん!(プンスコ)

      誰しもが願うこと、それは世界平和とかそんなでかい規模のことじゃなく「幸せになりたい」ってことだと思うわけです。日常レベルの幸せをお手軽に手に入れるには、ちょっとした心がけでいけるんちゃうかな、と思った次第。

      例えば「ため息をつくと幸せが逃げる」とかよく聞くじゃないっすか。でもため息はつきたいじゃないっすか。ため息を我慢しすぎてため息出たら、もうすごい切なくなって、ため息が出ちゃって、あぁいけない! またやっちゃったよ……なんで俺はいつもこうなんだ……とかなって、またため息ついてとか、もうね、こう、負のスパイラルっつーんですか? あれになる。なので、ため息を他のことに置き換えたら幸せになれるんじゃないかな、と思ったんです。

      【代替案】
      ・口笛
      「ヒュー! またつらいことあったぜぇ!」とかちょっと陽気な気分になれる。
      ・他の言葉への置き換え
      「ブッダ……」とか「イエッサ……」とか。神様が帳消しにしてくれるんじゃねぇかなっていう他力本願の極み。
      「ショウエイ……」だと誰かが照英のコラ画像とか送ってくれて、くすっと笑って元気になれる可能性があるかも。
      「ショーシューリキ……」だとあのCMの少年が脳裏を過ぎって、明るく一緒に歌える気がする。ララララララ〜。
      「ファンタ……」だと隣の席の人が「え? 俺オレンジ派なんだけど、お前は?」「え? 俺っすか? 俺はグレープ派っすね!」とか会話が弾むはず。
      「タケノコ……」だと隣の席の人が「え? 俺きのこ派なんだけど、お前何なの?」「は? きのこ派とか笑わせよる」とか会話が弾むはず。
      「そして輝く……」だと隣の席の人がウルトラソウッ。

      ちなみに私はタケノコ派です。


      また、舌打ちは他人を不幸にする(誰も幸せにならない)という報告を同僚から受けました。ため息後の舌打ち、舌打ち後のため息は自分、そして周りを不幸へ叩き落していた、ということになります。ため息だけなら自己完結ですが、舌打ちされた日にゃ大迷惑です。小さな夢「幸せになりたい」が他人のたった0.15秒の舌打ちのせいで台無しにされてしまうのです。俗に言うガンジーも助走つけて殴るレベルの事態です。

      【代替案】
      ・投げチッス
      これなら誰も不機嫌であるとは気付かないばかりか、意中のあの子のハートを打ち抜くことも可能。但し連発すると上司に呼び出されて、会議室で延々セクハラについて説教される恐れがあるため、頻繁には使わないでいただきたい代替案です。
      ・他の言葉への置き換え
      「ちぃっす」だと最近の若者だなっていうイメージを与えることができます。但し連発すると上司に呼び出されて、会議室で延々社会人とは、とか延々説教される恐れがあるため、投げチッス同様頻繁には使わないほうがいい代替案です。
      「っしゃー!」だと大変前向きで元気のあるイメージを与えることができます。但し連発すると上司に呼び出されて、福原愛選手をバカにしているのか、俺は彼女が小さい時から応援しているんだぞ、などと延々と説教される可能性があります。もしくは勝俣ファンと誤解されます。
      「チェック」だと自分のミスをきちんと確認してるちゃんとした人というイメージを与えることができます。但し連発すると上司に呼び出されて、お前は俺の姑か!? 指先ですーってやって、こうやってチェック! とか、そういう嫌がらせか!? 逆パワハラですか!? あー、そうですか、そっちがその気ならこっちも考えがありますよ!! とか延々説教される可能性があります。


      ため息も舌打ちもマイナスイメージが大きいもの。代替案を組み合わせることにより、かなり自分、そして周りの人へのストレスが軽減するはずです。口笛を吹いて投げチッス。なかなか粋。実際やられたほうは超ストレス。マジやめてほしいレベル。


      ため息も舌打ちもそのままでいいんで、最小限でお願いします。

      にちじょー | - | - | - | - |

      北斎漫画製作キットであそぼう!

      2011.05.15 Sunday 22:35
      0
        北斎漫画制作キットなるものが紹介されていたので早速いくつかこしらえてみた。
        ちなみにやってみたい方は、キットサイトの「北斎漫画を作ろう」をとりあえずクリックして、あとは勝手に遊べばいいと思います。


        1)三十路超女性の本心

        世の男性は三十路を過ぎた女性に対しての見方がひどいようです。女としてどうなんだというような風評被害にも負けず、三十路オーバーのお姉さんたちは日々頑張っているはずです。そんな男は世間知らずのフリをしている容姿ロリロリの若い女に騙されて結婚して後悔すればいいんですよ。負けるな、お姉さん!! 私も負けない!! プー!!


        2)みだしなみ

        女性の身だしなみとしてすっかり定着した無駄毛処理。最近は男性でも無駄毛処理するとかいう気持ち悪いのがいるようですね。いいじゃないですか、わっさわさで。男に生まれた特権ですよ。あの面倒さを知らずにのうのうと生きていける権利をわざわざ放棄するとかどんだけMなんでしょうね。なびかせるくらいにしちゃえばいいんですよ。正直引くけど。


        3)鬼嫁

        若くて可愛かったのに、結婚したら豹変した、そんな話をたまに聞きますが、正直ざまぁとしか言いようがありません。それでもいい、僕には彼女しかいない! と言いとおせるならそれもそれで幸せなのかもしれませんね。でも大体鬼嫁の旦那さんって気の小さい、面倒臭い人が多いような気がします。結婚に無理矢理寄り切られたんでしょうかね、土壇場で。


        4)お互い様です

        なんだかんだ、ネット上では好き放題言い合っていますが、男も女もお互い様なのが現実だと思います。飲み会という名の合コンでのファーストインプレッションの衝撃ったらありませんね。言うても数回しか参加したことありませんが(ほぼ人数合わせの招集)双方の笑顔が凍りつく瞬間は何度見ても素晴らしいと思います。いずれかが好感を持ってしまった場合が一番面倒臭い展開ですね。残念ながら一瞬でお互いが冷え切るパターンしか見たことないので詳しくお伝えできないのが残念です。っつかその場にいた私自信が残念です。



        北斎漫画制作キットサイトでは、他の方が作成された作品もちらっと見ることができます。面白い作品に遭遇すると嬉しいのですが、私のように独りよがりな作品見ちゃうとがっくりきます。

        皆さまも是非、北斎漫画制作キットで心の声を吐き出してみてはいかがですか?

        ----------------------

        どうやら北斎漫画製作キットサイトがなくなっているようなので、リンクを解除致しました。話題になっていただけでなく、素直に面白いサイトだっただけに残念でございます。


        どくはくよ! | - | - | - | - |

        128日目の成長をそれとなく伝えるテイ。

        2011.05.06 Friday 13:24
        0
          96169が公開されてから無駄に128日が経過していた模様。4月とか一回も更新してないでやんの! やーいやーい!! 年初の誓いを半年も経たないうちに諦めちゃう潔さが好き。そんなメンズからのお問合せ大歓迎です。

          そんな放置っぷりすら愛おしい96169に辿り着いた皆さんが一体どんな経路で迷い込んだのか、検索ワードでチェックしてみることにしました。

          最も多かったのは「DIVINE」関連。あれですね、確かモバゲーのやつですね。今はもうそんなにやってないんですが、初心者の方々が攻略方法を必死で検索しているサマがよくわかります。私もそうでした。そしてこんなサイトにぶち当たり、「思うてたんとちゃーう!」って憤慨したものです。誰もが一度は通る道なんでしょうね、HAHAHA!!

          次に多かったのは「モテない系」関連でした。それに反して「モテ系女子」って検索ワードで迷い込んだ子羊がいたんですが、狼の群れに返してあげたい気分です。ここは君の来るところじゃない。あと女子だけでなく、どうやらメンズも迷い込んでいるようで「モテナイ系 服装」が刻まれていました。要するにアキバ系と呼ばれる独自ファッションで一歩踏み出す勇気が欲しくて検索した結果がここだったってことでしょうか。そんなメンズがいたとしたら、一つだけアドバイスできることがあります。

          漫画やアニメのファッションはダサいから真似したらあかん。

          これは女子も同じです。可愛いとか萌えとか言われる彼女たちですが、冷静に見るとそんな格好してたら笑われるみたいな服装であることが多々見受けられます。一般女子はでっかい麦わら帽子被って地味なワンピース着て微笑んでなんぞいない。

          あと嬉しかったのは「イタリア」関連検索でやってきちゃった人がいたこと。イチオシですからね、「イタリア好き」。でもね、あのー、別に熟女をフューチャーしたわけじゃない。イタリア熟女で検索した方、とりあえず「イタリア好き」を読んで落ち着こう。な? あと「軽い女 国」で検索した奴。イタリアはそんな国じゃない。(多分)

          それからうお座の方々にもお越しいただいた模様。みんな恋愛運に関して必死でいい。
          前向きですよ、うお座は。そんな皆さんはこっちの記事をどうぞ。


          謎の検索ワードもちらほら。

          タムケン シュルレアリスム
          →この方とは友達になれそうな気がします。

          えろいことをしてるいうちゅうぶ
          →焦りすぎです。

          媚びたくない
          →素敵な意思表明で検索。


          そんなこんなで128日目を記念してどうでもいい記事アップしてみました。
          最後に、正直このブログにはエロい要素は皆無なので、今後「えろいことをしてるいうちゅうぶ」で検索してもここには再来されないようご注意下さい。

          どくはくよ! | - | - | - | - |

          アニメや漫画やゲームをよく知らない人が勝手に解釈する。

          2011.05.04 Wednesday 01:56
          0
            遠い昔は正直かなりのオタクだった私ですが、結構歳も歳なのでそういうのからは完全に遠のいた生活を送っています。なので、最近のオタクな方々に人気のあるものすらよくわかっていません。詳細なんて本気で知らないので、そういう類の名作から縁遠い一般レベルの庶民が解釈したらどうなるか実験してみたいと思います。
            ※何が流行ってるか的確にわかっていないため、もうそれ古いよってのもあるかもしれないが、そこも含めて一般庶民と思っていただきたい。


            1)エルシャダイ
            →今年期待のGI馬。


            2)まどかマギカ
            →お笑いブームに乗って松竹あたりが送りこんだ漫才姉妹。


            3)変ゼミ
            →突然変異のアブラゼミ。


            4)東方project
            →東方神起の次回全国ツアータイトル。


            5)殿といっしょ
            →志村的な殿様を愛でるDSソフト。言葉を覚えてしりとりとかする。


            6)ヘタリア
            →夜の技がどうしようもないイタリア人。


            7)あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。
            →ドヤ顔で言い放つ前にググれ。


            8)戦国乙女〜桃色パラドックス〜
            →深夜女子アナが出演して、武将ブームに乗っかってキャーキャー言ってるだけのつまんねーバラエティ番組。


            9)進撃の巨人
            →原監督歓喜。


            10)テルマエ・ロマエ
            →代官山にオープンしたカリスマパティシエのいるスイーツ専門店。



            多分全部間違えてるけど、気にしない。また、このエセ情報を信じたじゃない! って言われても気にしない。


            どくはくよ! | - | - | - | - |

            生誕祭記念美術館

            2011.03.20 Sunday 23:46
            0
              3/20、それは私の誕生日というものすごい日であります。ものすごい勢いでどうでもいい日だと思ったでしょう。大正解。


              そんな日に一人で過ごすのも切なさがとんでもないことになりそうだったので、会社の同僚に頼みこんで本日美術館に行く予定を半ば強制的に設定。全国民のためのアニバーサリーは一人でも仲間が日本中にいるって思えばそうでもないけど、個人的なアニバーサリーに一人っていうのはまだ受け入れることができないチキンなのですよ。何とでも言うがいい。



              はい、これに行ってきました。シュルレアリスム展。ちなみにポスターになっているのはルネ・マグリットの「秘密の分身」です。



              開催会場の国立新美術館です。ものすごい勢いで近代的。私の地元には絶対にない造形。内部もかっけー! でした。実はこれが初国立新美術館体験でした。ちなみに手前にいる昼間から飲み過ぎて、女房に怒られることを予想して、自宅用の寿司折り持ってふらっふらになってるのが私です。説明が長すぎて全然面白くなくなったけど、私です。嘘です。


              展示内容についてですが、正直私はダリ先生の作品に期待してワクワクしながら行ったんです。それがちょこーっとしかなくて、個人的にはちょっとがっかり。人は普段の休日に比べてさすがに少なかったから比較的ゆっくり見ることができました。


              公式サイトにいくつか作品紹介してあったのですが、ジョルジョ・デ・キリコの作品がどう見ても獅子舞でお馴染のタムケンにしか見えなかったのはここだけの秘密です。実際見てもタムケンでした。どの角度から見ても、振り返ってみてもタムケンでした。絵ハガキで見てもタムk(自重)


              おばちゃんたちとカップル(女)がうるさいくらいで、あとは本当に絵画を楽しみに来てるって人ばかりで良かったですよ。オススメです。以前上野にルーブル観に行った時はネームバリューのせいか本当に人が多いわ、うるさいわでうんざりしたので、それに比べたら素晴らしかったです。(ちなみにその時は一人で行ったので孤独とも戦っていました)


              そんな素敵美術館を後にして、ミッドタウンでご飯食べて、ヒルズに行きましたの。もう都会のOL気分満喫ですよ。OLのOの字も似合わないのに心意気だけは超OL。つま先立ちでカッカッて歩いた。カッカッ。あと見るものすべてに「かーわーいーいー」って言ってやりましたよ。そんなもんでしょ、あいつら(偏見)。


              で、途中で誕生日だからってことで無理矢理ケーキ食った。

              椿屋珈琲店。名前が小粋で素敵。そんな名前に引き寄せられたゴスロリカップルが登場した時は拍手で迎えました。好きならいいんですよ、似合う似合わないとか二の次ですよ!


              その後行ったヒルズですが、節電の影響で18時でこんなんなってました。

              軒並みライトダウンやら閉店してる中、サマンサタバなんとかって店だけは華やかでした。あえて私空気読みませんってアピールでしょうか。こんなときだからこそキラキラ元気しちゃお★ってことなんでしょうか。若いのの考えはよくわかりませんが、心意気だけは感じました。


              そんなこんなで19時には帰宅。正直楽しかったです、Sさん、とてもありがとうでした!!誕生日プレゼントも大切に使います!



              おまけ↓

              見逃した方もいらっしゃるかと思うので、スーパームーン画像です。なんて言うんですかね、私の誕生日だからって宇宙規模の祝福とかマジ勘弁(赤面)って感じでした。ちなみに撮影場所は近所の神社。東北の一日でも早い復興、そして東電に代わって原発で戦っている方々が無事に作業を終えることができるように祈ってきました。

              にちじょー | - | - | - | - |

              なんでもないひに。

              2011.03.14 Monday 22:32
              0
                 3/11、突然ビルが大きく揺れ、事務所にいたメンバーは速やかにビルから階段で外に逃げた。その頃、東北地方を激しい揺れ、そして巨大な津波が襲っていた。

                 こんなことを言うのは非常に不謹慎かもしれないが、現実なのか非現実なのかすらわからないような映像を目の当たりにし、流れて行くtwitterのタイムラインすら悪いジョークのように見えた。RTRTRT……。どの情報が正しくて、誤っているのか判別すらできないほどの怒涛のリツイート。未だにtwitter上では同じような状況が続いている。

                 ちっこい私にも何かできないかとあまり着ないコートを手にとってみたり、Yahooを通じて募金してみたりと、色々とやってみたが、つまるところ何もできないのが現実で、だったら心から被災された方々が一日でも早く笑顔を取り戻されることを、昼夜問わず必死に戦っている東電の皆さんが無事国民を守ってくださることを、被災されたご家族、ご友人を心配されている遠方の方々が安堵する日が遠からず訪れる日を、自衛隊の皆さんを、枝野さんを、応援するしかないと思っている。管さんも頑張ってっかもしれないけど、全然伝わってこないの残念だね、うん。あと某都知事はもう駄目だ、うん。


                 あと、Twitterやってて災害について初めて知ったこともたくさんある。

                ・ボランティア活動と言って現地に入る無計画な人が正直邪魔なこと
                →何も考えずに現地に行って、お前何すんのって話。これはtwitterで祭り状態になったらしいけれど、私は発言者の意見に賛成。ボランティア活動に慣れていらっしゃる方は本当に心強い存在だけど、慣れない自称ボランティアは邪魔になるだけ。「してやってる」なんて言い出すのがオチ。基本的には自衛隊、海外からの援助隊の方々に任せたほうがずっと円滑なんじゃないだろうか。

                ・個人で救援物資送るのも本気迷惑ってこと
                →気持ちは非常にわかる。私も寒さをしのげるようにコートを、なんて思っていたくらいだから。でも大量に届いた古着を喜んで全部使うかって言うとそうじゃない。ゴミになったら迷惑の上塗りでしかないってことなんだねー。そういうのはお金をたくさん持ってる企業に任せればいいよ。服はユニクロとかが何とかしてくれるだろうし、おむつやナプキン、ティッシュなんかは王子製紙あたりが何とかしてくれるでしょう。

                 あとあと、輪番停電について確かに情報が錯綜して混乱したのはしょうがないと思うけど、それでクレーム電話かけたバカが実際いるっていうのが怖い。あと、東電の原発についてのクレームもあり得ない。どれだけ恩恵を受けて、普通に生活できているかっていうことは全然見てないんだろうなぁと思う。

                 何より怖いのは「知らないということを知らないこと」だと思う。原発の件も確かに戦々恐々としてるし、実際爆発して日本終わっちゃうんじゃないかって思っちゃうけど、事実を知ることで恐怖を減らすことはできる。知らないから怖い。マスコミの妙な煽りも知らないから怖さを助長させているわけで、全部でなくとも何が起こっていて、東電が何をやろうとしているのかを知ることで恐怖はかなり軽減されると思う。

                ★MIT研究者Dr. Josef Oehmenによる福島第一原発事故解説★
                http://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/archives/2406950.html


                 今は情報を誤った方向に考えたりせず、正しく理解して、翻弄されず、必死に戦っている皆さんに一日でも早い平穏が訪れることを祈り、(できれば少しでもいいから募金して、お金持ちの人はたくさん募金して)日々を生きることが大事だと思った次第です。

                 当たり前にあることに感謝を。それは身近な人だけでなく、各種サービスに対して、そしてそのサービスを支える大勢の人々にも。

                にちじょー | - | - | - | - |

                ディーエイチなんとかのプロテインダイエッなんとかー!

                2011.03.06 Sunday 23:54
                0
                  福岡から大阪、そして東京と徐々に北上をしている私ですが、東京に来てスーパースペシャルメガトンストレスを感じているのか、体重が大阪にいた時から10kgも増量した事実からそろそろ目をそむけることができなくなってきた今日この頃。


                  10kgって……1歳半の赤ちゃんとほぼ同じ重さって知って、本当に自分の愚かさに泣いた。何をやっていたの。いや、何もやっていなかったからこうなってるんだっつー……っつー……。



                  テーレッテレー!!

                  某ディーエイチなんとかのー、プロテインダイエッなんとかーーーー!!!
                  ダイエットにことごとく失敗した人たちが最終的に辿り着いて、運動とかしなくてもこれさえ食事と置き換えて飲んでりゃ痩せるんでしょとか勘違いしているミラクルダイエット食品、それがプロテインダイエッなんとかです。これ置き換えるだけで痩せるとかあるわけないじゃないですか。運動と並行して行うことによって痩せるんですよ。それを都合よく思ってました。運動しなくていーじゃーん! とか思って購入しました。楽勝じゃーんって思ってました。とりあえず今日から夕飯を置き換えてみます。運動なんてしません。運動大嫌い!! イー!!!



                  ズギャーン! 思ってたよりでかーい!! ちなみに乙女丸出しいちごみるく味だぴょん★



                  ドギャーン! これがシェイカー。別売りなんだぜ! 意外とこれじゃないとちゃんと混ざらないって感想に書いてあったから素直に購入したんだぜ! 踊らされてるぜ!! 水もきっちり350mlのとこまで入れちゃうんだぜぇぇぇ!!



                  水入れて粉入れて最初は控えめに遠慮がちに振ってみた。段々バーテンダーが乗り移り、ものすごく華やかにシェイキンしてたんだけど、ものすごくこの世の不条理みたいなものに対して怒りが沸いてきて「俺が総理大臣! 俺が総理大臣になぁぁぁるぅぅぅぅ!!」って叫びながら思い切りシェイクした結果がこれです。増えました。



                  飲みました。


                  匂いはいちごっぽくなく、おそらくプロテイ……プロテなんとかの匂いがしました。全然甘酸っぱくない。なので香りを楽しみたい人には不向き。アロマ効果はないです。粉っぽさはなかったです。おそらくシェイク時間45分が功を奏したんじゃないかなって思います。味は普通にいちごみるくでした。あと結構サラサラした喉越し。もっとバリウム並にデロデロだと思ってたので意外。こんなん絶対腹いっぱいになんかならねぇな。……って座って飲んでる時は思ったんだけど、おもむろに立ち上がった瞬間に腹にドンときた。やるじゃない……!!


                  体重を明確に記載することはさすがに枯れても乙女なので控えますが、明日からできるだけ夕飯置き換えしてみて、体重が減ったら「体重減ったぜ、ざまぁみろ!!」って書くのでお楽しみに。ダイエットに関して何も触れないまま1か月以上経過したら、察して下さい。


                  ちなみに母に久々に電話したので「大阪時代より10kg太ったよ!」ってはにかみながら伝えたら、受話器越しにでもわかるくらいに引かれた。「え、あぁ、ちょっとそれは……(苦笑)」みたいな空気。リアルにショックだったので、今日からダイエット開始しました。見てろよ、おふくろ……!!!
                  にちじょー | - | - | - | - |

                  男にはわからぬモテない系女子本。

                  2011.02.19 Saturday 22:56
                  0
                    ……あれ? これ、私か?

                    と勘違いしてしまうほどに文章が似ていて、しかも内容も考え方も納得というか、同じ過ぎて1時間もしないうちに読破してしまった奇跡の一冊、それが「くすぶれ!モテない系」です。

                    女性らしい服は憧れるのに絶対に買わないとか、女性らしい言葉づかいや態度にものすごい抵抗(というか嫌悪感というか嫉妬)があるためどうも粗暴になってしまい、結局女性扱いされない、とか、メールで絵文字どころか★も♪も滅多に使わない、とか。もうね、あんたはワシかぁい! と。でもそんな私嫌いじゃないし、別に男がどう思うとかどうでもよくってさ、媚びたくないじゃない? 男に尻尾振るような軽い女じゃないのよ!!

                    という強がりさんたちに読んでもらいたい一冊。これね、男性にも読んでもらいたいですわ。でも男は女選びは顔と乳しかねぇもんな。(ほら、ここでも毒ですよ)

                    ちょっと脱線しますが、今の会社に転職してから特に男が女を選ぶ基準みたいなものが理解できた気がします。本当にね「容姿」オンリーですよ。私の勤めてる会社のやつらだけかな……。いや、そうでもねぇだろ……。新しい人が入社します、女性ですよ、なんて言ったら全員一気にテンションが上がる。で、新入社員が登場した時の態度ったらない。ちょっといただけない感じの女子だったら見ててわかるくらいにものすごいテンション下がるし、そこそこ可愛いモテ系ファッションとかだったら、もーすごい争奪戦になる(裏で)。もげればいいのにって真剣に思ってます。性格なんてどうでもいいみたいです。どうせ性格悪いのも見抜けねぇんだろ? な? 演じてることにも気付かn(略


                    はーい、いいですかぁ? こういう不快な考えを持っているのが「モテない系」ですよ(誤)。次試験出すぞー、なー。


                    まぁ、そんなイライラはおいといて、私の場合はこの本を読んで「私がもう一人いた……」という衝撃で鳩胸いっぱいになりました。こんな可愛らしい人たちが日本全国に多数いると考えただけでも、こう、なんだろう、共和国とか作ったほうがいいんじゃいかなっていう甘い幻想が浮かんできちゃうっていうか……(赤面)でもすごくもっさいというか、うざい国になりそうですね。特に男子が介入してくると面倒くさそうだ。

                    まとめとしては「クロイを知りたければこの本読め」ってことでしょうか。あ、一気に読む気が失せた感じですか? でもこんなブログ読んでる時点で結構なもんだと思いますよ、HAHAHA!

                    最近幸せそうなカップル見ると威嚇するのが趣味です。

                    どくしょ | - | - | - | - |

                    イタリア好き必見★「イタリア好き」

                    2011.02.16 Wednesday 00:29
                    0
                      イタリア共和国(イタリアきょうわこく、イタリア語: Repubblica Italiana)、通称イタリアは、南ヨーロッパに位置する共和制国家。 イタリア半島およびその付け根に当たる部分と、地中海に浮かぶ2つの大きな島(サルデーニャ島、シチリア島)からなる。
                      〜wikipediaより引用〜


                      そんなイタリアを愛して止まないイタリアメイツのための雑誌、それが「イタリア好き」である。

                      ↑イタリア好き3号・4号。毎号小粋なセリフが表紙に踊る。

                      最新号はイタリアの美少女がイタリア好きの皆さんに爽やかな笑顔と共に「おまたせしました!」と言ってくれてます。イタリア好きのロリコン歓喜。ちなみに残部僅少と言われている3号は熟女マニアをターゲットとしており、この緩急がさすがイタリア好きですね。そんな熟女も小粋なセリフを言ってくれてますよ。


                      「そうね、ウンブリアがいいわ」

                      こちらがウンブリアについて問いかけたいと常日頃思っていることなど、イタリア熟女にはお見通し。そうね、と満面の笑みで答えてくれて、本当に安心しました。これで今晩からゆっくり眠れそうです。知らんし、ウンブリアとか。

                      ※ウンブリア州(Umbria)はイタリア共和国中部の州。


                      そしてウンブリア州にお住まいの方々のことをどうやら「ウンブリ」って略すようです。しかもウンブリは快楽主義者らしいので、なんか街全体がエロいことになってんじゃねぇかってチェリーボーイなら完全に誤解してしまいそうな見出しだな、なんて、HAHAHA。もうちょっと、こう、紹介文があったろうに……。


                      あと、ウンブリを台詞付きで紹介しているページが結構あったんですが、一生懸命働いているところを撮影させてもらっておきながら、本人が完成品の雑誌を見ないからといって「ねむい」とか吹き出しに書くのはどうかと思います。これは本人に代わって声を大にして言いたいところですね。偶然目をつぶってしまった報いとでも言うのでしょうか。運がねぇな、こいつ。


                      この冊子のちょっと残念なところは「食べ物があまりおいしそうじゃない」という点。結構グルメページも組んであるんですが、いかんせん写真見ておいしさが伝わってこない。っつか写真があんまり良くない。


                      こういう素敵なぶち抜き写真も掲載されていて、イタリアが好きな人もまだイタリアをよく知らない人も楽しめる、素敵なフリーマガジン、それが「イタリア好き」。表紙を見ただけじゃ内容がほとんどわからない、それが「イタリア好き」。イタリア好き委員会が発行している、それが「イタリア好き」。

                      1号・2号はもう在庫がないそうで、現在入手可能なのは今回ご紹介した3号・4号のみとなっております。気になる方はgoogleで「そうね、ウンブリアがいいわ」と検索してみてください。

                      なお、個人的には非常に好きなフリーマガジンということでご紹介させていただきました。見かけたら手にとって見て下さい。素敵な雑誌ですよ。いや、本当だって。

                      どくしょ | - | - | - | - |

                      池袋散策紀行

                      2011.02.13 Sunday 18:22
                      0

                        久々に人ごみに友人と特攻してきました。場所は秋葉原に次ぐ、第二のオタ聖地と呼ばれているらしい池袋でごわす。ちなみに上の写真は初体験Echikaです。当然写真にさりげなく写り込んだカップルには撮影後に、トラウマになるようないやがらせをしておきました。だから大丈夫です。

                        Echika、思ったよりちっちゃかったなー。もっと大阪の日本橋〜難波のなんばウォーク(大好き)くらいの規模かと思ってたんだけど、ちょっちょっと歩いたらすぐ終わってしまう。かわいいお店多かったけれどもだー。ちょーっと少ないわー、おばちゃんには刺激が足りひんわー。


                        その後、サンシャインシティへ移動。友人が好きなアースナンチャラカンチャラジーってとこに入ったらものすごい叩き売りをしていたので、うっかり買い込んでしまった二人。でも本当はこの写真のような可愛らしい服が欲しかった。今世ではどうしようもないので、来世でこのワンピースを着て、男どもをそそのかしてやろうと思います。所詮見た目ですよ、世の中。



                        さらにその後、様々な店を歩き回り、疲れ果てた二人の行き着く先はカラオケBOX。なんかちょっと怪しいカラオケBOXだったので、妙にテンションが上がりました。ちょ、これ、おかしくね!? リモコンの挙動おかしいだろ! マイク雑音入りすぎ!! 店員の態度悪すぎだろよ!! とツッコミどころ満載でした。嫌いじゃありません。なので大サービスしてKAR○のミ○ターだの、AK○48のヘビーローテーション○とか熱唱してやりましたよ。おかげで喉が焼け付くようでしたよ。何があいうぉんちゅーかと。



                        そんな常日頃からやさぐれている私を心配したのか、友人がカラオケBOXを出る前にそっとくれたバレンタインのチョコレート。感激のあまりその場で箱を握りつぶしそうになりました。ちゃんとおうちでその日のうちに食べました。うまかったです。ありがとうございました。ちなみに今年も本命チョコはお互い誰にもあげるアテがありませんでした。本当にありがとうございました。

                        そんなこんなで久々の週末外出の様子を、休日出勤の会社でしたためてるってどうですか。オツですか。HAHAHA!


                        あぁ、あと、どうでもいい連絡ですけれど↓
                        もいもいもい!

                        フォローしろy……してください(てへり!
                        @__moimoi__のtwitter

                        Check
                        にちじょー | - | - | - | - |